ブレンボ RCSラジアルマスターシリンダー

店長です。

CBR1000RRにブレンボのマスターシリンダーを取り付けることにしました。
カッコにはこだわらないので見た目重視ではなく、制動力UPとブレーキタッチの向上に期待してるのですが、一番の期待はサーキット走行時のフェードが収まれば言うことなしです。

8月15日のデグナー走行会に向けてですが、毎年ストレートエンドで握りしろが深くなって怯えながらブレーキを握ってるんですよね。

今回購入したのは19RCS CorsaCorta。







※メーカーの説明文↓
ブレンボのRCSラジアルマスターシリンダーは、走行シーンに応じてレバーレシオを2段階で任意に変更可能。
 例えば、繊細なコントロールを求められるシーンでは18mm、(数値が小さければより握りしろが深くなり、細かいコントロールが可能)よりシビアでカチッとした握り心地でより素早い動作や、急制動を求められるシーンでは20mm(数値が大きければ握りしろが浅くなり、浅い握りで効力を出すことが可能)といった使い分けが可能です。
 それぞれの状況に合わて使用する事が可能なブレンボのRCSシリーズならあなたの求めるフィーリングにマスターシリンダー1つで対応できます。
 ボディーは鍛造アルミニウムによるもので、精度を高め、より高いコントロール性を確保しています。









これにリザーバータンクやブレンボ用のバンジョーボルトなどを購入すればOK。

その他パーツが入荷すれば取付してみたいと思います。





取付完了したらインプレご紹介させていただきますのでお楽しみに!!