2008年11月18日

シートをカスタムしました!

今回も変りダネのカスタムをしました。

スポーツツアラーを目指すCBR1000RRですが、シートの厚みが足りないせいか、どうしてもお尻が痛くなってしまいます。

各メーカーからシートが発売になっていますが3万円以上する高価なものばかりです。

と考えたのが、足つき性には問題がないのでシートを厚くする??

前に傾斜がついているシートでは、ツアラー向きではない?

これらの問題を解決するに当たって、カスタムしてみました。。。

まず通常のシートに低反発ウレタンを仕込み、その上にGEL-ZAB Sを仕込みました。GEL-ZABはエクスジェル内蔵で圧力分散と振動軽減に効果を発揮するみたいです。「一度GEL-ZABを体験すると取り外せなくなる」と体験談をお客様に聞いたこともあり、7,875円をプラスして仕込むことにしました。

シート表皮には、せっかく張り替えるからとディンプル加工した表皮に変更。

見かけもとっても良くなりました。

シート高は約5ミリ程度高くなり、踵は着かなくなってしまいましたが、問題ないレベルです。

試乗した感想は???      店の周りしか走っていないので???

でも、シートのグリップ感が格段に上がりました。今まではアップハンにしているのに乗車位置がだんだん前に行くようになり、ニーグリップで何とか持ちこたえるようにしていたのですが、楽に乗車することが可能になりました。

お尻が痛くなるかどうかは、30日の三瓶山ツーリングのときに体感してみたいと思います。

予算は22,000円程度かかりましたが、新しいシートを買うことを思うとずいぶん安く、GELも仕込むことが出来たので万々歳といったところでしょうか?

あ、それからついでにセカンドバイク、カブ90のシートも変更しました。

カブはGELを入れるともったいないので、低反発ウレタンを2センチ程度入れてもらいました。  何かいい感じ!

でも、まだ走っていないのでわかりません。

また今度インプレはご紹介させていただきます。

シートを見てみたい方は、ぜひご一報を!!

2008年10月27日

CBR1000RR バーハン化キット 第4弾

いやいや前回で終了のはずだったのですが、どうしても許せなかったハンドルの交換をしました。

今までのハンドルだとハンドル幅が狭く、キルスイッチとブレーキ取り付けのホルダーを入れ替えなければならず、ブレーキレバーが外に張り出すようになりレバーの根元でブレーキングする状態でした。

よく探しておけばよかったのですが、ハリケーンのフラットⅣ型ワイドなる商品を見つけ、早速取り付けてみました。

今までのものより3cm程度長いだけなのですが、何とか問題が解消!!

ホルダー位置を入れ替え、セルボタンも押しやすくなりました。

試乗した感じはGood!

どうしてなのかわかりませんが、旋回性が抜群にUPしました。

コーナリング途中の窮屈感もなくなり、中低速のコーナーでは攻め攻めモードで走ることが可能になりました。

このバイクを手に入れたときが1,100km程度だったんですが、現在3,700kmまで走りました。

…が まだ3,700kmなのにフロントタイヤは、スリップサインが出ているではないですか。。。

磨耗したかな?  と思い始めてからが猛烈に早く減っていきました。

せっかく旋回性がUPしたのに、たまにフロント荷重が抜けるように感じるときがあります。

そろそろ怖くなってきたので、タイヤを発注しました。

BSにしようか、ミシュランにしようか迷った挙句、ブリヂストンのBT-016にすることにしました。今までどおりBT-015にしても良かったのですが、やっぱりNEWタイヤを試してみたいですからね!

他にも利便性を求めたカスタムを準備しています。

装着レポートをご紹介していきますのでお楽しみに!!

2008年10月25日

ちょこっとツーリングお勧めコース!

バイクにはちょうど良い季節になりました。

カミ店も毎週水曜日には、走りに出かけてます。  そんな中、最近は待っているコースがらかん高原へのワインディングです。

岩国在住なので広島からスタートの方とはルートか違ってきますがご参考までに…

①大竹から弥栄ダムに向け快走! 低速コーナーがお好きな方は、岩国インターの近く(関戸)から松尾峠というところ入れるので行ってみては!

②弥栄ダムから美和の役場方面へゆっくり走り、旧本郷村に向けて右折します。

ここからが楽しいワインディング開始になります。

③標識通りにらかん高原へ向けて、右左折を繰り返しますが、どうしてこんなところにこんな広い道が必要なんだろう?というような道が続きます。

④最後のらかん高原へ向けて坂を上り始めると、とっても面白いコーナーが続きます。(たまにダンプが来るので注意してください) 2速か3速で走り抜ける個人的には大好きなコーナーです。

⑤頂上には何もないので、頂上近くの分かれ道を左に折れ、レストハウスみたいなところで自販機で缶コーヒーを飲みます??  飲まなくてもいいんですが、水曜日だと店も開いてないので…

⑥次は左に曲がり吉和方面、急な下り坂を下って行きます。この道が最大の難所で、車1台がやっとのところもあり、こけるんじゃないかとハラハラさせられます。

⑥山を下ると突き当たりを右折し、一路寂地峡を目指します。途中、道が狭くなったり工事をしていたり快走は出来ませんが、森のおいしい空気を堪能しながら走ります。

寂地峡に立ち寄ったことはなかったのですが、一度は行ってみてもいいところだと思います。長寿の水を飲んで100歳まで元気にバイクに乗りましょう!!

⑦冠高原の手前にあるコーナーですが、過去にこのカーブを曲がらずにまっすぐ行こうとした人がいました。何度通っても間違えそうにないのですが、いまだに不思議です。

ここから山を駆け上がっていくのですが、路面も悪いし、対向車もインカットしてくることもあるので気をつけてください。最近通ったときは、リアタイヤが路面の凹凸で跳ね、ホイルスピンをしてました。(恐怖)

⑧冠高原を過ぎると右に曲がるとスパ羅漢へ、左に曲がると吉和方面へ行くことになります。自分は迷わず→右へ

とっても楽しいコーナーを走りながらスパ羅漢を目指します。

⑨スパ羅漢を出てからは、大竹方面を目指しますが、3差路が2箇所あり、最初は右、そこから200メートル先を左に曲がります。ここから小瀬川ダムのワインディングがスタートです。アップダウンもあり、中低速のコーナーもありと緊張感のあるコースです。昔はギャラリーもいたんですが…

⑩そのまま走ると「蛇食い」(川がヘビのようにうねってます)を通り、元の弥栄ダムに戻ってきます。

2008年10月09日

ETCらくらく導入キャンペーン締切せまる!!

ETC取り付けをお考えの皆さん、ETCらくらく導入キャンペーンの最終締切が決定いたしました。

今までは、延長の繰り返しで安心していたのですが、ついに助成金の制度が打ち切りになります。

10月14日PM5:00受付分で終了となりますが、書類の都合上、当店では10月13日で終了とさせていただきます。また、在庫も限られていますので、お早めにお申込ください!

土日祝日の昼間も100kmまで半額になったので、お買い得ですよ!!

急げ~!!!

2008年08月23日

CBR1000RRバーハン化キット 第3弾

またまた久しぶりの更新となりました。

というのも装着後のツーリングにやっと参加できたからなんです…

前回のブログで最後に予定していた、ハリケーン製のスチールハンドルとプロト製のイージーフィットバーを装着いたしました。

ハンドルはフラット1型で、前回のものより少し幅が広く、フラットに近いもので少し前傾姿勢が増えた感じです。少しはフロントの設置感が増えるかな?

ブレーキ位置などハンドルが短い分、純正の位置よりも外側になり、レバーの根元を握る感じになってしまいます。この辺はしょうがないです。。。

もうひとつ問題になっているのが、ステアリングが少し重たいところです。ステムベアリングをあまり締め付けないようにしても、トップブリッジを装着するとどうしても少し重たくなってしまいます。前モデルのCBR1000RRに比べれば、マシな方ですが…

とりあえず走行前の問題点はこのくらいかな?

ということで、うらどりツーリング江田島へ参加してきました。

朝一の広島駅付近を通過する渋滞路では、ファンが回りっぱなしの水温105度。

うんざりする状況にありながらポジションはとっても楽。セパハンのままだと片手運転をしてもとっても辛かったのに、ネイキッドに近いハンドルで一休みも出来ました。

安浦での昼食はさておき。野呂山でのワインディングが本日のメイン。

10年位前に行ったことはあるものの、まったく道を覚えていません。たしかキャッツアイがあったよな~程度です。

フリーランになり、まずはハングオンでコーナーへ進入。上半身をどの位置に持っていいのか悩みながらのコーナリングですが、そこそこのペースでは進入できます。コーナリング途中では、慣れないせいもあり、おっかなビックリで倒しこまずに走りました。フロントが切れ込むとか、跳ねるとかいうレベルではないのですが、怖くて倒せない。。。曲げられない。。。のレベルです。立ち上がりの加速で前に追いつくものの、どうしたら良いものか思案するところです。ブレーキングでもハンドルに力が掛かってしまうので、強めににぎりながらの進入は難しいし、タイミングがつかめません。

リーンウイズでの走行では、バイクも倒しこみ易いので旋回力はUP。立ち上がりのときにバイクが寝たままなので思い切りよく開けられないのですが、楽しく走れるレベルになってきたなぁというのが感想です。リーンウイズでも前荷重を意識しながら倒していかなければいけないのですが、明らかにラインの自由度が広がります。この感じなら慣れてくれば、そこそこのレベルで走れそうな予感

旋回性など、多少犠牲にしてでも大満足な取っても楽チンなポジションは魅力です。

最後に広島港からの帰路で、大渋滞に掛かってしまいましたが手首や首筋の痛みはなく、今まででは考えられない心地よさです。

どうしてスーパースポーツでわざわざそんなことを…

と思われる方も多いと思いますが、軽いバイクでそこそこのパワー。なおかつカウルがついているバイクということになると、自分でカスタムしていくしかないんですよね~

また、セパハンで乗りたいときには戻せばいいや。という気持ちでいれば、とっても楽しくスペシャルなカスタムです。基本的にノーマルパーツの加工はしていないので、いつでも元通りの車に戻すことが可能なのです。

ということで、バーハン化計画はここで終了です。たまに店の駐輪場にバイクを置いているので見てやってください。

次のカスタム計画は未定ですが、フェンダーレスとウインカー変更はやってみたいですね。

あ…   08CBR1000RRのバーハン化キットも出て行ますので誰かやってみてください。すごく軽量化されたバイクに、リアの旋回性が抜群なので面白い仕様になると思います。

それでは。。。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194