2017年02月09日

520コンバート

店長です。

昨日の定休日にオレンジロードに走りに行ってきました。
試してみたかったのが、チェーンを530から520へコンバートしてどんな走りに代わるのか?





この写真だとわかりづらいですよね。



これくらい違います。


チェーンやスプロケットも軽量化できるので、駆動抵抗以外にもメリットはあるんです。
切れちゃうんじゃないかとか伸びが早くなるんじゃないかと心配にはなりますけどね。


スプロケットは、サンスターからコンバージョン用というスプロケットが発売されていますので、悩むことなく決定!本当は丁数を変更して、低速方向にふりたかったんですが違いが感じられないのも寂しいし、メーター表示が実走行と変わってしまうのが困るんで今回は断念。


余談ですが、ギア比を変更したときは、スピードヒーラーを付けるとメーター表示の変更は可能です。
13,200円(税抜)



今回520コンバートにあたって1000ccでも適合に入っている、RKの520X-XWへ



前回がブラックチェーンだったので、今回はゴールドにしてみました。
22,800円(税抜)

  画像をクリックすると拡大します。


スプロケットはサンスター
  7,800円(税抜)
3,500円(税抜)





装着して走り始めて



軽やかな加速感が!!
何てことは言いません。わかりません。

何となく加速感がいいような?!   もともとパワーがあるのでわかりづらいところです。



しかし減速の時にはわかりやすいですね。エンジンブレーキがドンとかかるんじゃなくソフトにかかり始める感じですね。


ワインディングに入って走るとバイクが軽くなったような感じがして楽しんですよ。
ブレーキかけても、倒しこんでも、加速しても!

で!  一番わかりやすいのが、クラッチを握ってフリーで走ると「す~っ」て走ります。
駆動抵抗の軽減が顕著に出ますよね。
この感じだと燃費も良くなるんだろうなと?  期待できるところなんですが、ちょいと走っただけでは効果の測定は出来ませんでした。

あれだけ軽やかになると燃費は間違いなく上がるはずです。

街乗りレベルで乗るのであればチェーンの耐久性も心配なさそうなので、これからチェーン交換を視野に入れられている方はコンバージョンも考えてみてはいかがですか。

520まで細くするのは心配だ!  という方は525コンバートという方法もありますのでご検討を!






他にも新しいパーツを使ったりしたのですが、目に見えない箇所でのご紹介を。

 ブレーキフルードをより沸点の高いDOT5.1へ



CBR1000RRでサーキット走行をするとブレーキが深くなったりエアがかんだりと、これまで色々不具合を感じていたのですが、業者の方からもお勧めをいただいてELFのDOT5.1に入れ替えてみました。

まだ走行距離1500㎞なので違いも何もないですが、これからのシーズンに期待!!

10,000㎞も走ってしまうとブレーキフルードを交換するだけでずいぶんブレーキのタッチが変わりますよ。本当に。

マスターシリンダーのオイル窓除いて少し茶色になっているな?と感じた方、フルードの交換をお勧めします。
特に油圧クラッチの方、随分汚れているはずです。


ELFでも純正でも在庫有りますのでお気軽にご相談ください。



昨日の周防大島で食べに行った蕎麦屋さん。
凄いところにありました。






ナビがないと絶対に行けそうにないところにありました。

皆さん探して行ってみてください!!

2017年01月22日

CB1100RSエンジン始動

撮影者:店長 作業者:なきゃむら

CB1100RS初めてのエンジン始動!
「エンジン音が最高です」なんてご紹介しましたが、この動画で確認できるのか?!
タコメーターの動きも見れますよ。
早く乗りたいんですが、まだナンバーがありません(#^^#)

CB11000RS バッテリー取付

撮影者:店長。作業者:なきゃむら

試乗車準備中ということでバッテリーの取付からスタートです。

あまり見る機会も少ないと思うので、動画を撮影してご紹介させていただきます。これまでのモデルと比較して、小物入れを外すときに初めてなのでちょいと手こずってしまいました。
サイドカバーやそれを止めるねじにまでこだわりを感じる新型CB1100ですね。




2017年01月19日

CB1100RS+EX

店長です。

CB1100RSとEXが入荷しました。

思いのほか評判高いですね。本領はエンジンをかけてから!
近接排気騒音の規制が撤廃されて図太いエンジン音が売りなんですが、展示しているだけだと音はわかりませんもんね。
来週には試乗車を用意する予定なのでお楽しみに。(試乗には事前のご予約が必要です)





















2017年01月15日

Araiヘルメット シールド調整

アライ派の店長です。

先日シールドを交換してから、隙間風が入ってくるとお問い合わせをいただいたので、写真を撮りながら自分のヘルメットでも調整しました。
ちなみに自分のヘルメットでは、雨天時に上から水滴が入ってくることもあったので、相当隙間があるんじゃないかと想像できます。





このように紙をシールドとパッキンの隙間をチェック。
1度調整した後の写真なので隙間はなくなっていますが、全く調整しない状態だと3~4枚入りそうな感じでした。


ホルダーを外すとベースが出てきます。
RX-7Xは、レバーを押し込むだけでホルダーが外れるので非常に便利です。これまでのヘルメットのベースは、壊してしまったことがあるのでやりたくないですね。


透明なビス2個あるのがわかりますかね。10円玉で取り外しできます。

簡単です。
透明ビスを緩めて調整するだけ?!  なんですが、前後にも少しベースが動くのでそれをうまく使ってあげるとバッチリですよ。

自分のシールドの場合、どうしても下側の隙間が開いてしまうのでシールドを締めた状態で前からぐいぐい押して調整したら大丈夫でした。

開け閉めを頻繁にやっていたら、次第に隙間が開いたりなんてありますから定期的に確認しましょうね。

これで雨漏りも改善。隙間風もシャットアウト。  のはずなので、後日試してみたいと思います。

皆さんもお時間のある時にお試しください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194