クイックシフター装着♪

こんにちは、クワケンです。
雨の多いこの季節は、バイクいじりに時間を使える季節ですね♪

今日は、CBR600RRにクイックシフターを付けたのでご紹介いたします。

最近のスーパースポーツには標準になりつつあるクイックシフター。
ホンダのCBR1000RR SPにはシフトアップはもちろん、シフトダウンまで出来るような
クイックシフターが付いています(^^♪
ただ、これは電子スロットルがなせる業です!!

私のCBR600RRのスロットルはワイヤー式なので、社外品のクイックシフターを
装着しようと思います。(シフトアップのみ対応))

サーキット走行会に行くとクイックシフターがすごく欲しくなります。
付けている方も多いし、直線をアクセル全開でシフトアップ出来ればタイムも縮むと思います。
モトGPのマシンはクラッチレバーはスタートの時にしか使わないとも聞きます!
そんな欲望に負け、この度『バトルファクトリー』さんのクイックシフターの装着を決めました。

何度かお客さんのクイックシフターを装着したことはありますが、結構手間のかかるカスタム
なんです。

まずは、バトルファクトリーのホームページから仕様書をダウンロードします。


まずは、この用紙をすべて記入します。これ、正直結構めんどくさいです・・。
ステップを社外のバックステップに変更している場合は、しっかり測定し記入しないといけません。
全ての記入が終わったら、仕様書と一緒に発注しましょう。

で、今回注文したのがこちら↓↓
CBR600RR(07~13年モデル用)サブハーネス付き
57,240円円(税込み)です。


CBR600RRへの取り付けの場合、カウルをここまで取り外し、タンクを持ち上げて
おきます。

そして、ラジエターの固定ボルトを外し、ラジエター本体を少し前方にずらし
イグニッションコイルのサブハーネスを交換します。
↓↓↓手が大きい私はラジエターの裏側の
コアに手がガンガンぶつかるので、フィンがつぶれない様に作業するのが大変でした(^_^;)

↓↓作業途中の写真ですが、右側のカウル内に本体を置きます。
 ハーネスを割り込ませたりという作業があります。

↓↓今回はこのカプラー部分からからニュートラル線を取りました。

↓↓チェンジロッドの上に取り付けてある青色の物がセンサーです。

で、完成!!
2時間ぐらいで出来るかと思っていましたが、思ったよりも時間がかかり、3時間位の
作業時間となりました。
ラジエテターをずらした時に、一緒にマフラー交換までしておけばよかったなと思いました。
(※マフラーは換える予定はありませんが・・・)

参考:取付工賃は12000円~16000円位
なので、パーツ代と工賃で7万円前後ぐらいは予算見ていただけると良いと思います。

試走しようと思いましたが、天気が悪く、またの機会にブログで紹介いたしますね。

只今、カスタマイズキャンペーン中ですので、通常付けるよりもお安いです!!
是非この機会にクイックシフターどうですか?