ヤマモトレーシング音♪

こんにちは、クワケンです。
今日は、『ヤマモトレーシング』のスリップオンマフラーの
ノーマルマフラーと比べてみましたのでご紹介いたします。

アイドリングから違いが分かります。ヤマモトレーシングの方が静かです(^_^;)
個人的な『ヤマモトレーシング』のオススメポイントは、排気音がジェントルな感じ
(洗練された音)になる所です!

百聞は一見に如かずという事で聴き比べしてみて下さい。
↓↓↓
動画の再生は、ココをクリックしてください
※いつもですが、マフラーの音を録音するというのは難しいですね。
 正直今回もうまく表現できていません。ただエンジン音が以外に
 大きいのは良くわかりました。

そして、今までのメイカー純正のノーマルマフラーは静かすぎるという古い概念は、
もう捨ててください。


今回違いを数値で測ってみました。
数値にはある程度誤差は有ると思いますが、測った結果です。
↓↓ノーマルマフラーです。
車両 CB1000R
ノーマルマフラー デシベル
アイドリング(約1400RPM) 83.5
2000rpm 87
4000rpm 90
5000rpm 92.6
↓↓ヤマモトレーシングスリップオンマフラーです。
車両 CB1000R
ヤマモトレーシングS/Oマフラー デシベル
アイドリング(約1400RPM) 78
2000rpm 84
4000rpm 87.5
5000rpm 92.1
比べてみると、5000rpmまではヤマモトレーシングの方が静かです。
それ以上は近所迷惑になるので、測定しておりませんm(__)m

メーカー:ヤマモトレーシング
タイプ:18~SLIP-ON TYPE-SAゴールド
メーカー希望小売価格:136,080円(税込み)


この結果は正直予想はしていましたが、数値で見ると説得力が増しますね。
ノーマルマフラーよりも明らかに静かなヤマモトレーシング
のマフラー!!

でもご注意下さい!!
決して社外品マフラーが静かになったのではありません。社外品マフラーは依然と変わらないのに、
それを越してノーマルマフラーがうるさくなったんです!
言い方が良くなかったです・・・。ノーマルのマフラー音量が上がったのです。

国内の馬力規制の撤廃。スピードリミッターの撤廃に伴い、必然的にマフラー音は大きくな
ったのです。
時代の流れってヤツです。

今までは、住宅街に住んでいるからマフラーは換えれないとおっしゃっていましたが、
これからは、住宅街に住んでいるので、マフラーを交換するという時代になると思います。

マフラー交換は、個性の主張と走りに直結するカスタムなんでオートバイを購入したら
まずマフラー変えてみませんか♪♪

今月末まで『カスタマイズキャンペーン』中~♪